日本人もよく知らない相撲に関する意外な一面が海外で話題に!

日本人もよく知らない相撲に関する意外な一面が海外で話題に!

"力士になるために必要なもの"として、日本の相撲教習所が海外で紹介されていたので、紹介内容を翻訳してみたよ。画像と共にによく調べているようで感心してしまった。日本人でも意外と知られていない興味深いデータだったのでご覧ください。

1.相撲教習所は、円の外に相手選手を押し出すことだけでなく、力士が知っておくべき教養を身に着ける場所でもあります。
-(1)


2.生徒たちは、日本の書道、伝統的な歌(詩吟)、相撲の歴史などを学びます。
-(2)


3.朝から約2時間毎に講習が行われ、上着の着用は必須ではありません。
-(3)


4.講師は、各分野のエキスパート(大学の講師や有識者)が講習を教えています。
-(4)


5.試験はありませんが、出席が最も重要です。
-(5)


6.力士であることは、相撲よりはるかに大きなことです。
-(6)


7.おっと!

-(7)

真の力士になるということは、沢山食べて、勝負をするだけでなく、日本の教養と伝統を受け継ぐという素晴らしいことでもあるようです。そして、このような光景は、海外の人達にとっても、興味深い一面のようでした。

Via:AcidCow.com

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

パラリウムの最新情報をお届けするよ!

コメントフォーム