ノルウェーの田舎に住む二人の兄弟。固い絆で結ばれた人生

ノルウェーの田舎に住む二人の兄弟。固い絆で結ばれた人生

写真家エリン・ホイランドさん(Elin Hoyland)は、ノルウェーの田舎で暮らす二人の年老いた兄弟、ハラルド(75)とマティアス(80)の人生に興味を持ちました。ホイランドさんは彼らの人生に感銘を受けて、彼らの感動的な人生と悲しい結末を写真集「Brothers」に収めました。

ハラルドとマティアスは生まれた故郷を出ることなく、結婚することもなく、人生のあらゆる時間を共に過ごしました。彼らは何を想い、何を語ったのだろうか?モノクロームの写真からは、多くのことを感じ取ることができます。

二人の兄弟は文明から離れてシンプルな生活を送りました。
20142203142847


彼らの趣味はバードウォッチングです。
20142203142849


勉強や仕事の余暇には、新聞を読み、ラジオを聴きます。
20142203142851


彼らはテレビを取り入れたこともありましたが、すぐに元の生活に戻りました。
20142203142853


彼らの生活は非常にシンプルなものでした。
20142203142853_0


しかし、彼らはそれが本当に重要なことだと知って、その生活を大切にしました。
20142203142853_1


現代の文明では、私たちのほとんどがこのような人生を送ることがありません。
20142203142854


しかし、彼らはこの生活に満足していました。
20142203142854_0


ハラルドとマティアスは、同じベッドルームで同じ生活を共有していました。
20142203142855


彼の死まで...ハラルドが亡くなり、マティアスは家に一人残りました。
20142203142857


その後、マティアスはあまりにも早く亡くなりました。まるで後を追うように...
20142203142857_0

ハラルドは喘息の発作で亡くなりました。その後、マティアスは老人ホームに移動するまでの間、家に一人で住み続けました。ホイランドさんはマティアスが移動した後に、彼らの空っぽの家を撮影しました。そして、2007年にマティアスは、静かに息を引き取りました。彼らは今でも永遠の絆で結ばれていることでしょう。

Via:Elin Hoyland / Griffin Photography Museum

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

パラリウムの最新情報をお届けするよ!

コメントフォーム